不妊治療料金

婦人科一般診療は、ほとんどが健康保険適応となります。しかし、産科診察・不妊治療では一部(保険で決められた回数以上の超音波検査やホルモン検査、薬や体外受精など)では保険適応外の治療もあります。皆様の負担を減らすように極力努力いたします。
3割保険負担の方のおおよその治療費を掲載いたします。
(初診料、再診療、判断料などは別にかかります。)

項目 料金
超音波 1,590円
超音波2回目、3回目 1,430円(3回目は排卵誘発剤を使用した場合のみ)
自費の超音波 1,728円
子宮がん検査 1,000円
帯下培養検査 810円
クラミジア検査 1,080円

体外受精関係(以下保険適応外となります)

卵巣刺激に関する費用 注射、ホルモン検査、超音波検査など別途かかります。卵巣の刺激方法によりかなり違います。

採卵手術・胚培養・胚移植に関する費用

人工授精 18,000円(税込19,440円)
採卵手術代 100,000円(税込108,000円)
培養一式 70,000円(税込75,600円)
顕微授精 1~10個 50,000円(税込54,000円)
11~20個 80,000円(税込86,400円)
21~30個 100,000円(税込108,000円)
追加培養 21,600円 × ディッシュ
WOWディッシュ(9個以上) 43,200円
余剰胚凍結 20,000 × 個数(税込21,600円)
凍結胚融解 20,000円(税込21,600円)
胚移植 50,000円(税込54,000円)
精子凍結 20,000円(税込21,600円)凍結+保存料6か月
精子融解 5,000円(税込5,400円)
胚移植後にかかる費用 プロゲステロンの補充(注射、内服)、ホルモン検査など数千円から2万円程度かかります。