体外受精の方法

  1. 排卵誘発
    卵胞ホルモンの注射により複数の卵胞を発育させます。
    注射のプロトコルはいくつかありますが、患者様の体質により選択しています。
    連日注射を打ちに外来へ通っていただきます。成熟の確認に何回か超音波検査と血中ホルモン値測定を行い、卵胞の発育に合わせて採卵の日を決定します。
  2. 採卵
    採卵は経膣的に卵胞に針を刺し、中の卵子を卵胞液ごと吸引することより行います。
    麻酔の必要があるので、常用薬がある方は必ず医師にご相談ください。
  3. 媒精(ばいせい)
    採取された卵子は付着した血液などを落としたあと、培養液に移し、体温と同じ37℃に保たれた培養機に入れておきます。その間に精液中から良好運動精子だけを集める処理を行います。
    卵子と精子を数時間一緒に培養することで精子が卵子内に侵入し、授精が成立します。
  4. 授精の確認と胚発生
    翌日(授精1日目)、授精の確認を行うことができます。正常に授精していれば卵子の中に2個の前核(ぜんかく 精子由来と卵子由来のものがひとつずつ)を確認できます。前核が確認できない場合や、2個以外の数の前核があるものは授精に失敗してしまった卵子です。
    授精2日目と3日目には卵割(らんかつ 授精卵(=胚)の細胞分裂のこと)を確認します。授精2日目には4細胞期、3日目には8細胞期まで発生しています。割球(かっきゅう 胚の1個1個の細胞質のこと)の大きさが均等であるか、また、フラグメンテーション(割球以外の小さなつぶつぶのことで、細胞質だけのつぶだったり、中にバラバラの染色体が入っていることもあります)の量はどの程度かで胚のグレード分けをします。グレード1とグレード2を良好胚と言います。通常はこの段階で胚移植を行います。(卵割期移植)

    体内では授精4日目から5日目くらいで胚は子宮へたどり着きます。授精4日目になると割球の数も増えてきて数えるのが難しくなり、すべての割球が緊密に接着して、まるで1個の細胞のように見えます。このような胚を桑実胚(そうじつはい)と言います。
    5日目になると、胚はただの細胞の集合体から、分化した細胞の集合体へと変化をはじめます。胎盤などになる細胞(栄養芽細胞)は、胚の外側へ移動して一列に並び(栄養外胚葉)、胎児になる細胞は内側に集まって塊(内部細胞塊)になります。この胚を胚盤胞(はいばんほう)と呼びます。