2.セミマイルド法

どのような方に

年齢が高くAMHが低めの方は強い誘発をしても多くの卵子が望めないためこの方法が選択されます。また経済的都合などでこの方法を希望される場合にも行います。セミマイルド法でスタートしても卵胞の育ち具合によりマイルドアンタゴニスト法に切り替えることもあります。

方法

前周期の月経中からピルを飲んで調整します。
月経3日目ごろから連日クロミッドを内服します。クロミッド内服の3日目から低用量のFSHまたはHMGを1日おきに数回注射します。
排卵してしまうのを抑えるため、アンタゴニスト注射を使うことがあります。
卵胞が16mm~20mmでE2(エストラジオール)値が1個当たり250pg/ml以上になったら、卵を成熟させるトリガーとしてHCGを自己注射します。トリガーから34時間から36時間後に採卵します。

メリット

  • 注射の回数が少ないため、経済的な負担は少なめ
  • OHSSのリスクが低い
  • 薬をあまり使わないので、採卵後の卵巣を休ませる期間は短め

デメリット

  • COSに比べて採取できる卵子の数が少ない
  • 採卵をする前に排卵してしまうことによる採卵キャンセルの可能性が少しある
  • クロミッドを連日服用するため子宮内膜が薄くなることがある
  • 卵胞の育ち具合により誘発法が変更になる可能性があり、通院回数と費用が増えることがある

この誘発にかかるおおよその料金

¥50,000~¥65,000

月経周期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
月経                  
クロミッド内服      
FSH or hMG注射                  
トリガー                          
超音波・採血                    

当院の体外受精の排卵誘発について