1.調整卵巣刺激法(COS)

GnRHアゴニストの点⿐薬を使うロング法とショート法、アンタゴニストの注射を使うアンタゴニスト法およびプロゲスチン(合成プロゲステロン製剤)内服を使うPPOS(Progestin Primed Ovarian Stimulation)法があります。当院では、アンタゴニスト法またはPPOS法を第⼀選択としています。AMHがやや低い場合などはショート法を選択します。

メリット
多くの卵が得られる可能性があるので、多くの凍結胚が得られる可能性が⾼くなる
多くの凍結胚が得られれば、複数回の移植が可能である
デメリット
注射や採⾎の回数が多いため、通院回数が多く精神的、⾁体的、経済的な負担が⼤きい
OHSSのリスクが他の誘発法より⾼い
投与する薬の量が多いため採卵後は2〜3周期卵巣を休ませる必要がある